刺激の少ない無添加化粧品が人気【敏感肌の人の救世主的存在】

有害成分が含まれていない

基礎化粧品

使用期限が決まっている

皮膚トラブルやアレルギーを起こす可能性があるとして厚生労働省から表示が義務付けられている成分は102個あります。無添加化粧品とは、これらの指定成分が配合されていないのが特徴で、肌に優しく安心して使うことができます。代表的なものとしては、合成添加物や香料、鉱物油などがあげられますが、メーカーによってはエタノールやパラベンなど、アルコールや防腐剤が名前を変えて使用されていることもあるため表示成分を確認しましょう。無添加化粧品と謳っているものでも、まったくの無添加ということはほとんどありません。無添加化粧品には明確な定義がないため、指定成分の内1つでも含まれていないものがあれば無添加化粧品として売り出しているメーカーもあります。自分の肌に合ったものを選ぶことが大切です。無添加化粧品の特徴としては、防腐剤が使用されておらず使用期限が決められていることがあります。製造年月日から1ヶ月程で使い切り、直射日光の当たらない冷暗所や冷蔵庫で保管するのがベストです。殺菌作用のある添加物が配合されていないため、雑菌の増殖を防ぐためにボトルの口に直接触るのも止めましょう。ボトルを清潔に保つことが必須となります。また、空気に触れると変質しやすいので、蓋もしっかり締めることが大事です。無添加化粧品だからといって飛びつかず、目立たない場所でパッチテストを行い、トラブルがないと判断してから使い始めるようにしましょう。

Copyright© 2019 刺激の少ない無添加化粧品が人気【敏感肌の人の救世主的存在】 All Rights Reserved.